高く着物買取してもらうなら保管が大事
着物買取をする際は着物自体の状態によって査定が大きく左右されます。目立つシミや汚れ、虫食いがあれば価格が一気にマイナスとなります。特に絹の素材で作られている高級着物は湿気を吸いやすく劣化しやすいです。そうならないためにも適切な保管を行いましょう。着物を保管するには桐箪笥が良いといわれてますが、値段が高いのでなかなか手が届きません。しかし、普通のタンスやプラスチックのケースでも構いません。短期間でなら着物を保管は可能です。では、着物の簡単な保管方法についてご紹介します。着物は湿気を吸いやすくカビが発生しやすいです。そのため最適な環境にしてくれる桐箪笥が良いといわれる理由です。タンスやプラスチックケースの場合は少しでも良い環境にするために調整しましょう。湿気を溜めないためにも天気が良い日は扉を開けておきましょう。少しでも逃がすことで防ぐことができます。快晴の日は風通しの良い部屋で干すいわゆる「虫干し」を行うことでも着物を長持ちさせます。跡をつけないように広げた状態で干すと良いでしょう。この方法を行うだけでも着物の状態に差が出てきます。着物買取を行う予定があるなら短期間でもしっかりお手入れ・保管を行いましょう。